title


Recently
Archive
Category
Link
Profile
わたなべ はるかHPへあそびにいく


ルーヴル美術館

上野のルーヴル美術館展へ行ってきました。

フランスへ行った時
ルーヴルも観に行きましたが
噂で聞いていたように
本当に館内が広くて

行く前に見ようと思っていた
絵画だけでも
すべてをゆっくり見るには
とっても時間が足りませんでした。


なので今日見たものは
初めて見るものばかりでした。

熱心にメモを取りながら
作品を見る学生の人たちもいて

そういえば、夏休みの宿題で
美術館に行ってレポートを書くなんて
あったなぁと思いだしました。

中学の頃は
昔の絵に興味はあまりなくて
どの絵で描けばいいんだろうと
見ながら迷っていました。
しかし、一緒に行った友だちが
一枚一枚ゆっくり絵を見ていて

すごい…!一体何をそんなに
じっくり見ているんだろう
まったくわからない…と
私は心の中で
ハテナしか浮かびませんでした

展示の終わりごろ
一枚だけ気になる絵があったので
友だちに先に出てもらい
もう一回その絵を見に引きかえして
メモを取った作品がありました


それは、おじいちゃんの家へ行く途中の道に
とてもよく似た風景の絵でした。
木のアーチの向こうに青空が広がっていて
一台自転車が置いてあるという
日常的なもので
その絵を見るだけで
夏休みに遊びに行く自分が絵の中に見えるようでした。


やっと好きな絵を見つけられて
ほっとしながら出口へ向かい
友だちと歩きながら外へ向かう途中
「よくわかんなかったね!」と
サラっと言われて

なんだ、一緒だったのかと
ふたりで笑ったことを
覚えています。




2013.08.21(Wed) - 未分類





/